基本「良導絡」治療

はじめに

私は長年にわたり、西洋医学の治療と並行して良導絡治療(良導絡自律神経調整法)を行ってきました。良導絡治療とは、電気針などによって自律神経を調整する理学療法で、故中谷義雄先生(医学博士)が創始されたものです。良導絡治療は、東洋医学や鍼灸治療を知らない私たち医師でも手軽に日々の診療に取り入れることができ、しかも幅広い症状に効果があります。本来の自己治癒力を高める治療なので、西洋医学が効きにくい症状に対しても確実に効果を発揮します。
医療の世界では、とかく最先端の医療に目が向けられがちです。しかし、患者さんと身近に接している私たち医師にとっては、日常のありふれた病気や痛みを治すことが最優先されます。そのとき、良導絡治療が大きな力になってくれます。西洋医学的治療に限界を感じたとき、私は何度も良導絡治療に助けられてきました。西洋医学を補完するものとして、これほどすぐれた医療はないと思っています。良導絡治療は副作用がなく、きわめて体に安全な治療です。したがって赤ちゃんからお年寄りまで、安心して治療を受けることができます。それは、私たち医師にとっても、安心して患者さんに提供できる医療であるということです。しかも、これだけで患者さんの全身状態を把握でき、調整もできるのです。ホリスティック(全人的)医療が見直されている現在、良導絡治療は現代医療に欠かせないものと信じております。
中谷先生がご存命の頃、良導絡治療は大いに注目を浴びました。良導絡治療に関心を寄せる医師も多く、国内はもとより海外にも広く良導絡治療が普及しました。ところがいま、医療の現場から良導絡治療が急速に影をひそめつつあります。良導絡に対する若い医師の関心が薄れ、それを日々の治療に生かそうとする医療関係者も減っています。良導絡治療に携わってきた者にとって、それは本当に残念なことです。残された私たちは、良導絡治療の灯を絶やさず、もっと大きな医療に育てる責任があります。そのための努力を惜しんではならないと思います。
本書は、私がこれまで行ってきた良導絡治療の集大成としてまとめたものです。一般の方々だけでなく、医療関係者にも良導絡治療を知っていただくために、治療の仕方にも触れました。本書が、良導絡治療への理解を深める一助になることを願ってやみません。

平成22年7月吉日
著者

目 次

はじめに

プロローグ —私の良導絡治療の歴史

  • 大ブームになった良導絡治療
  • 副作用のない素晴らしさ
  • 西洋医学と東洋医学の架け橋
  • 先生の志を継いで学校設立へ
  • 良導絡は内臓疾患にこそ効果を発揮する
  • いまなぜ良導絡治療なのか

第I部. 体に優しい全身療法・良導絡治療とは

  • 中谷先生が発見した日本独自の理学療法
  • 経絡の証明に生涯を懸ける
  • 良導絡の発見
  • 病的反応を示す反応良導点
  • 皮膚通電抵抗からわかること
  • 良導絡現象が起きるしくみ
  • 良導絡治療の完成
  • 鍼灸を西洋医学の目で科学する
  • 日中医療視察団の目に映った良導絡
  • 新しい理学療法としての評価
  • 患者の全体像を映し出す全良導絡測定
  • 生命を支える自律神経の働き
  • 自律神経が狂うと病気になる
  • 自然治癒力を高める根本療法
  • 良導絡治療がよく効くその作用機序
  • 攻めの医学と守りの医学
  • 世界中に根づく良導絡治療

第II部. 良導絡治療の実際

  • 12本の良導絡が意味するもの
  • ツボと反応良導点について
  • 手足の代表側定点で全身を測定する
  • 全良導絡測定の測定方法
  • 良導絡チャートの読み方
  • 治療点と刺激の種類
  • 電気針治療はこのように行う
  • 強い刺激ほど治癒力が高まる
  • 急性疾患と慢性疾患によって異なる治療
  • 慢性疾患に効く全良導絡調整療法
  • 急性疾患に効く反応良導点治療
  • 適切な刺激なら痛みも副作用もない
  • 幼児から高齢者まで安心・安全な治療
  • 西洋医学と補完し合う良導絡治療

第III部. 全身の疾患に効く症状別良導絡治療

  • —耳鼻科領域
  • 難聴(突発性難聴)
  • 耳鳴り
  • めまい
  • メニエール病(メニエール症候群)
  • アレルギー性鼻炎
  • —眼科領域
  • 近視/仮性近視
  • 色覚異常(色盲/色弱)
  • —小児科領域
  • 気管支炎
  • 気管支喘息
  • その他の小児領域の治療
  • —内科領域
  • 胃潰瘍
  • 便秘
  • 下痢
  • 慢性肝炎/慢性の肝臓病
  • 糖尿病
  • —循環器系領域
  • 狭心症/心筋梗塞
  • 高血圧
  • —脳神経/神経・心療内科領域
  • パーキンソン病
  • 顔面神経麻痺
  • 橈骨神経麻痺
  • 痙攣発作
  • 脳卒中の後遺症
  • 三叉神経痛
  • 鬱病/躁鬱病/神経症
  • 自律神経失調症
  • 不眠症
  • 頭痛
  • —婦人科疾患
  • 月経異常/月経痛/更年期障害/不正出血/不妊など
  • —皮膚科領域
  • 尋常性乾癬
  • 帯状庖疹
  • —整形外科領域
  • 腰痛/ぎっくり腰/坐骨神経痛/椎間板ヘルニア
  • 肩コリ
  • 五十肩
  • むち打ち症(むち打ち損傷)
  • 慢性関節リウマチ
  • ひざの痛み/変形性膝関節症
  • 骨折

中根敏得リハビリテーション内科・小児科医院
〒005-0032

札幌市南区南32条西10丁目2-1

電話 011-582-3131、FAX 011-582-3343
Email: toshie-nakane@hokkaido.med.or.jp

共有: