良導絡は日本の医師が考案した
自律神経を調整する鍼灸治療です

Ryodoraku to find your body weak point by "Science eyes"

良導絡とは?

良導絡とは?

故中谷義雄博士は京都大学医学部生理学教室において、ツボと皮膚通電抵抗の関係を研究し、それによって「良導点および反応良導点」を発見しました。さらにそれらが機能的に関連することを見つけ「良導絡」とし、「皮膚通電抵抗と良導絡」と題した論文にまとめ、学位(医学博士)を取得されました(良導絡エッセンス参照)。
今日、「良導絡」と言えば「良導絡治療」をイメージされることも多いのですが、厳密には鍼灸学における”経絡”の科学的一面が”良導絡”と考えられ、良導絡理論の中核に座る現象になっています。
一方、良導絡治療とは、良導絡理論に則って構築されたすべての治療法を指し、正式には「良導絡自律神経調整療法」と呼ばれています。本法は『皮膚通電抵抗を指標として、体表における自律神経(交感神経)系の興奮性を客観的にとらえ、統計学的なデータを基にして全身的、局所的に生じる興奮性(異常=病的)を、いわゆる健康人の興奮性(正常=生理的)に近づけようとする治療法』です。
主な医療行為(手技)は針灸による自律神経調整、しかしその解釈(理解)は現代医学(とくに神経生理学)に基づいておこないます。
このような独創的な『理論体系』と『治療方針』をもつ治療法が、日本において確立されたことから、中国伝統医学(中医学)においても日本的針灸と理解されております。

良導絡とは?

最新情報

11月の良導絡研修会(第594回)オンライン開催のお知らせ

2020年11月22日(日)に、ZOOMを使ったオンライン研修会を開催いたします。

12:00-入室可能

12:35-13:00 生涯学習講座 論文作成の基礎知識①
 『記録を取ろう データの取り方 残し方』 
  帝京平成大学 健康医療スポーツ学部 柔道整復学科 講師
  良導絡専門師 玉井清志 先生

13:05-15:00 『国際頭痛分類に基づく頭痛の鍼灸治療
~医療連携による埼玉医大方式の臨床~』 
  埼玉医科大学 東洋医学科 准教授 山口 智先生

東日本支部以外の会員、学生、一般の方も参加可能ですので、奮ってご参加ください。また、当日都合がつかない方も参加申込いただきますと、後日YouTubeから視聴が可能です。

【Peatix】イベントページ内の「第594回良導絡研修会」案内ページにアクセスし、必要事項を記入してお申込み下さい。

【Peatix】東日本支部のページからもイベントにアクセスできます。

皆様のご参加をお待ちしております。

9月の良導絡研修会(第593回)オンライン開催のお知らせ

2020年9月27日(日)に、ZOOMを使ったオンライン研修会を開催いたします。

「顔面部の臨床 表情筋と顔面神経の特徴と末梢性顔面神経麻痺に対する鍼灸治療」
東京大学医学部附属病院リハビリテーション部鍼灸部門主任 粕谷大智先生

抄録はこちら

なお、参加者は会員・学生とさせていただきます。東日本支部以外の会員も参加可能ですので、奮ってご参加ください。また、当日都合がつかない方も参加申込いただきますと、後日YouTubeから視聴が可能です。

参加希望の方はこちらの参加フォームからご予約の上、参加費を期日までにお振込みください。

皆様のご参加をお待ちしております。

8月の良導絡研修会(第592回)オンライン開催のお知らせ

東日本支部では8月23日(日)に、オンライン実技研修会を開催いたします。

参加は、会員限定・予約制とさせていただきます。東日本支部以外の会員も参加可能ですので、奮ってご参加下さい。参加希望の方は下記からご予約の上、参加費を期日までにお振込下さい。

なお、当日は研修会終了後に東日本支部総会を予定しております。東日本支部会員の方は、合わせてご参加いただけますよう、お願い申し上げます。欠席の場合も、委任状送付にご協力をお願いいたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

詳しくはこちらをご覧下さい。

東日本支部良導絡研修会 オンライン開催のお知らせ

日本良導絡自律神経学会東日本支部では、7月26日(日)に、第591回良導絡研修会をオンラインにて開催いたします。

会員限定・予約制となりますので、参加希望の方は東日本支部ホームページよりご予約の上、参加費を期日までにお振込下さい。東日本支部以外の会員も参加可能ですので、奮ってご参加下さい。→東日本支部ホームページへ

良導絡治療について紹介中!

当会元副会長の後藤公哉先生 がユニコ ディスポ鍼 K-Ⅱ型を利用しながら良導絡治療を紹介されています。 ユニコネットストアへ