良導絡とは?

良導絡とは?

故中谷義雄博士は京都大学医学部生理学教室において、ツボと皮膚通電抵抗の関係を研究し、それによって「良導点および反応良導点」を発見しました。さらにそれらが機能的に関連することを見つけ「良導絡」とし、「皮膚通電抵抗と良導絡」と題した論文にまとめ、学位(医学博士)を取得されました(良導絡エッセンス参照)。
今日、「良導絡」と言えば「良導絡治療」をイメージされることも多いのですが、厳密には鍼灸学における”経絡”の科学的一面が”良導絡”と考えられ、良導絡理論の中核に座る現象になっています。
一方、良導絡治療とは、良導絡理論に則って構築されたすべての治療法を指し、正式には「良導絡自律神経調整療法」と呼ばれています。本法は『皮膚通電抵抗を指標として、体表における自律神経(交感神経)系の興奮性を客観的にとらえ、統計学的なデータを基にして全身的、局所的に生じる興奮性(異常=病的)を、いわゆる健康人の興奮性(正常=生理的)に近づけようとする治療法』です。
主な医療行為(手技)は針灸による自律神経調整、しかしその解釈(理解)は現代医学(とくに神経生理学)に基づいておこないます。
このような独創的な『理論体系』と『治療方針』をもつ治療法が、日本において確立されたことから、中国伝統医学(中医学)においても日本的針灸と理解されております。

良導絡とは?

最新情報

セミナー開催のお知らせ

どなたでも、わずか1000円で!~良導絡の基礎理論と実技をしっかり学べる「良導絡セミナー基礎編」が10月22日(日)に代々木で開催されます。詳しくは東日本支部ホームページをご覧下さい。

ホームページをリニューアルしました。

わかりやすく、見やすいサイトを目指してデザインを一新!スマートフォンでの操作性もUPしました。

第69回学術大会(名古屋)の案内を更新しました。

今年2月発売「自律神経の基礎と臨床」

今年2月発売「自律神経の基礎と臨床」をはじめ、良導絡関連の書籍を出版販売しております。詳しくは 良導絡の本ご紹介をご覧下さい。