2020年10月17日、18日に開催予定の第72回日本良導絡自律神経学会学術大会(大阪)は、新型コロナウイルス感染症の感染状況を考慮して、来年に延期することになりました。新しい日時、場所は追ってお知らせします。

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、4月7日、7都府県に緊急事態宣言が出されました。以下、あはき業の営業に関する関連団体からの見解を転載します。

全日本鍼灸マッサージ師会は、7日に厚生労働省より「あはき業は、停止業種にはならない」との回答をいただいたそうです。

また、東京都鍼灸師会会長より【緊急事態宣言下における はりきゅう施術所の対応について】の発表がありました。
「緊急事態宣言下においても、患者さんの健康に資するため施術を継続することも一考と存じます。」ということです。詳細はこちら

感染防御の対策をしながら鍼灸院を営業するのも、休業するのも自己判断となります。徹底した感染防御対策により院内感染を防止し、安全な施術を目指しましょう。

5月10日(日)に予定しておりました第19回近畿支部講習会ですが、新型コロナウィルス感染症拡大による緊急事態宣言が出されたことなどを鑑み、中止させていただきます。

また、7月以降の講習会につきましては、今後の状況を見ながら判断させていただきます。 日本良導絡自律神経学会ホームページから、近畿支部講習会に関するお知らせをご確認のうえ、御来場いただけますようにお願い申し上げます。

当会近畿支部、中部支部、東日本支部で予定されておりました4月の研修会は、新型コロナウィルスの感染拡大を鑑み、全て中止とさせていただきます。

5月以降の研修会につきましては、開催が決まり次第、各支部ホームページ、Facebook等でお知らせ致しますので、是非参加下さいますようお待ち申し上げております。