スポーツ選手の針治療後に得た良導絡データの解析
異なる力量のプロスポーツ選手に耳針治療をおこなった後に得られた良導絡データを解析しています。(UKRAINIAN)

RyodorakuとEAVの測定機器の特性を比較
2極電極は質的分析には適当だが、干渉因子の制御には改良が必要である。また、4極電極は量的研究に適し、干渉因子の制御も容易である、と報告しています。(北京中医薬大学:針灸推拿学)

ヒラメ筋の刺激で免疫力UP?
ヒラメ筋の刺激により、腰部の血液−脳・脊髄関門が開き、T細胞が出入りできると報告しています。(大阪大学:免疫学)
【コメント】ヒラメ筋上にはF1(脾).F2(肝).F3(腎)良導絡が走行します。3つの系は全身調整に用いる「基本T F437(肝兪)・F435(脾兪)・F432(腎兪)」の治療点と深く関わります。


欧米の良導絡測定器(AcuGraph System)はどう?
欧米で使われてる良導絡測定器(AcuGraph System)の測定量の変動性、評価の信頼性を「井穴」や「原穴」を測って検討しています。(USA)

手術でツボの電気抵抗は変わるか?
眼・肩・股の手術後に「陽陵泉」「条口」とその周囲の電気抵抗を測って検討しています。眼と股関節の手術後に「陽陵泉」の電気抵抗が変化するようです。(Germany)

ツボと経絡の皮膚インピダンスの関連は?
4極電極法で「げき門」と「心包経」とその周囲の電気抵抗を測って両者の関連特性を検討しています。(Iran)