2014年
10月

mixiコミュニティ(SNS)でも良導絡が語られています。

『良導絡(ノイロメータ)』

『良導絡やってる人集まりましょう』

2014年
10月

良導絡が批判されています。

『良導絡の問題点』について大いに論争しましょう。議論もまた楽しく有意義なものです。良導絡発展の一助になるでしょう。

2012年
10月

良導絡が「日本伝統鍼灸医学テキスト(鍼灸編)」で紹介されたが・・・A

6月に「日本伝統鍼灸医学テキスト(鍼灸編)」が発行され、その中で良導絡の誤った記述が紹介された件に対し、9月22日(土)に開催された理事会において審議された結果、「学術部主導で抗議すべき」との案が出された。その最中、本テキストを作成した研究代表者と研究分担者(鍼灸編編集責任者)から、丁重な詫び状(※著者は含まない)が10月6日付で伊藤樹史会長に届けられてきた。さらに、誤った記述に対し、「本テキストの提出した先(厚生労働省と本テキスト作成に関わった執筆者一同)に正誤表を10月5日付で送り、記述の訂正を依頼した」との報告を受けた。両名の誠実なる対応に感謝する次第である。しかしながら、以後このような事態が起きないように著者選定には留意して頂きたいものである(拝)。

2012年
6月

良導絡が「日本伝統鍼灸医学テキスト(鍼灸編)」で紹介されたが・・・@

日本伝統鍼灸医学テキスト(鍼灸編)」なるものが発行され、良導絡が紹介されました。しかし、著者は本学会と無関係な方であり、文章の数ヶ所に基本的な誤りがありました。下記に訂正します。

138頁左、下から3行目: (誤)21V⇒⇒(正)12V
138頁右、下から7行目: (誤)1.7cm⇒⇒(正)1.4cm
139頁左、上から5行目: (図1)⇒⇒図1は良導絡専用カルテです。反応良導点とは関係ありません。
139頁左、上から10行目〜: 「直流電気刺激は金属製の鍼の電気分解を容易に起こすことから通常では用いられることはない。・・・」⇒⇒これは不正確です
電気分解は高電流の陽極(+)のみに起こります。ノイロメータの出力では容易に分解しません。しかも、良導絡の直流通電鍼は低電流の陰極(−)通電です。通常の治療に用いても電気分解の心配はありません。
※次回からは本学会員に執筆させて頂きたいものです(拝)。